自力で涙袋を作るメリットは?

自力で作るメリットは?

涙袋を自分(自力)で作るメリットは、当然ではありますが費用をおさえることが出来る部分や、どこでも簡単にメイクが出来るといったお手軽な部分でしょう。

万が一の内出血の心配ももちろんありません。

費用に関しては、注射が2万円以上かかるのに対して、1000円以下というパフォーマンスです。

もちろんスッピンになったらなくなってしまうという点や、注射と比較して効果が薄いというデメリットもありますが、圧倒的に費用は安いので、まずはメイクで魅せるところから始めても良いと思います。

コツさえつかめば目の下にふくらみがあるように見せることが可能です。自力で涙袋は可能か?を参考にしてみて下さい。色々と試したり試行錯誤して作っていくというのは人によっては楽しいというメリットもあります。

参考ページ:涙袋メイク・アイテム一覧

それでも作れない方や、完成度に満足出来ない方で、どうしても目の下のふくらみが欲しい方は、ヒアルロン酸注入を考えてみても良いと思います。

但し、間違っても自力で注入するというようなことは危険ですので絶対に止めましょう。