涙袋の作り方

涙袋の作り方

注射の画像

涙袋の作り方には、ヒアルロン酸注入という方法があります。このやり方が最も簡単で一般的な方法になります。

目の下の部分に、ヒアルロン酸を注射するだけで、ふくらみを作ることが出来るのです。通院なども不要で、およそ5分~10分で終わります。痛みもほとんどありません。

美容クリニックなどで注入が可能です。非常に簡単で効果もあるというメリットがあります。

また、多少ですがデメリットもあります。化粧で隠すことが可能なのであまり心配する必要はありませんが、内出血が1週間程度続く場合があるようです。

これは個人差があるようです。私のまわりでは3人が注入して1人が内出血がでました。

ただ、その内出血は注射によるものなので、自然に治ります。ヒアルロン酸自体はきちんとしたクリニックで注入すれば安全面では全く心配ありません。

※個人差があるので出ないことも多いそうです。

※(内出血のしない針「マイクロカニューレ」を使用した方法や、Dr.アンディーズクリニック「塗るヒアルロン酸」という方法など、痛み&腫れがない方法もございます)

その他のデメリットとしては、やはりどうしても持続期間があることです。

通院不要とは言え、涙袋を常時維持したい場合は、それなりに(持続期間に合わせ)クリニックに定期的に行く必要が出てくるでしょう。詳しくは、効果の持続期間についてのページを参照下さい。

また、メイクなどで工夫して自力で作る方法もありますが、間違っても自分でヒアルロン酸注射をするのは絶対にやめましょう。

メイクで魅せるように作るなり、きちんとしたクリニックで注入して下さい。メイクに関することは、自力で作ることは可能?で簡単にまとめました。

最近は、涙袋専用のアイテムなども色々あります。まずは費用をあまりかけずに手軽に作りたい方にはオススメです。

>>涙袋メイク・アイテム一覧はこちら

私の知人は、最終的に品川美容外科でやりましたが、涙袋が本当に出来ていました。ホームページ上のメニューにはありませんが、無料カウンセリングで相談可能です。

また、現在は様々な美容外科クリニックで涙袋形成のメニューがありますので、内容(費用など含め)を比較したり、お近くにクリニックがあるかなど探してみてください。

施術も美容外科によって色々な種類及び方法がありますので、信頼出来るクリニックを複数比較すると良いでしょう。

来院予約はネットがお得!
メール相談・無料カウンセリングも充実しています。

美容クリニックの情報・比較東京美容外科

東京美容外科 オススメ
全国展開している有名クリニック
ドクターの質が高い(長い経験や認定医)

湘南美容外科湘南美容外科
全国規模のネットワーク!(通いやすい)
CMでもお馴染み!知名度の高さ
マイクロカニューレメゾット!