もて涙袋 モイスチャー

もて涙袋 モイスチャー

もて涙袋モイスチャーは終売していますが、人気があった参考商品(クオリティ含め)として、以下に使い方などの情報をしばらく残します。

前回のページで紹介した手軽なアイテム以外で、さらに人気があり、クオリティーの高い商品を紹介します。

その名も「もて涙袋 モイスチャー」というナイスな名前の商品です。
(皮膚の専門家が研究開発)

クオリティーが高いとは言えども価格は1,890円

ヒアルロン酸注入(美容クリニック)による涙袋形成と比較すれば、圧倒的に手軽で安上がりです。

ここでは以下に「もて涙袋 モイスチャー」の特徴と使い方を説明いたします。

・デカ目効果
・小顔効果
・「色気と笑顔」効果

上記の効果は基本的には美容整形クリニックで涙袋形成をした場合の出来上がり効果と表現は似ています。もちろん、ヒアルロン酸注入とは違いますが、「手軽に!」という意味ではとてもオススメです。

簡単に言えば、目の下に曲線があることにより、錯覚で目が大きく見える効果が期待出来ます。また、このメイクをすることにより錯覚により顔も小顔に魅せることが期待出来ます。

そして、「もて涙袋モイスチャー」メリット部分として、水や汗に強く、色感が1日持続すると言われています。それでいてクレンジング不要なので簡単に洗い流せますのでお肌への負担も少ないのです。

まさにくずれないのにクレンジング不要というわけです。

■使い方

1 まずは準備としてベースメイクと上まぶたメイクを完成後、下まつげにマスカラを付けない状態に

2 STEP1のブラウンで影を作り、チップの先端を使用しながら下まつげ生え際から約5㎜~7㎜ほど下に自身の目のカーブに合わせて影のラインを引きます。

3 STEP2のホワイトベージュでハイライトを引き、立体感を演出します。(2同様チップを立て先端を使用し下まつげ生え際に引く)

4 仕上げとして指や綿棒で2、3の線の境目をなぞるようにしてぼかします。これによりリアルな立体感を。

クマがある方はSTEP2のホワイトベージュでカバーしましょう。

より詳しい作り方やポイント、コツなどは公式サイトで画像など含めてご確認下さい。元々涙袋がありさらに強調したい方はもちろん、現在涙袋が全くない方にもコツをつかめば対応可能です。

このように、自力で簡単に自然に涙袋を作ることが可能なアイテムです。

この商品のもう一つ良い点は、「誰でも自然に作れるようにチップにもこだわっている」という部分です。

「チップの太さはあえて太めに」

一見描きにくいと思われますが、実はこの太さが誰でも自然に涙袋メイクで魅せる秘訣なんです。

美容整形外科などでのヒアルロン酸注入に抵抗のある方や、まずは手軽に試してみたいという方には最適なアイテムと言えるでしょう。

Facebookページ(株式会社もてますカラ(リトルウィッチ公式ファンページ)などでも活発に情報発信されているので興味のある方は是非参考にしてみましょう。

村上信五さん(関ジャニ)とマツコ・デラックスさんの番組でもこの商品が紹介されたようです!