バランスを考えた方が良い場合もある

バランスを考えた方が良い場合もある

最近は、自力で涙袋を作っている方はもちろん、美容外科クリニックにて涙袋形成をする方も以前より多いと感じることもありますが、人によってはバランスを考えて涙袋を作った方が良いのではないかと思うケースも極稀ですが見かけます。

どういうことかと言いますと、簡単に言えば不自然であるということです。

恐らく、本人は不自然だとか変とは思っていないと思いますし、感覚が麻痺している可能性もあります。もちろん、見る側の主観かもしれませんが、あきらかに不自然な涙袋を見かけることも個人的にはあります。街中でもネット上でもTVでもです。

これは私だけの意見かと必ずしも言えばそうでもなく、当サイトの周囲の知人やその周囲も同様に思っていることもありますし、ネット上でも似たような意見を度々見かけますので、以前と比較すればの話ではありますが、そのようなある意味不自然とも思えるような涙袋になっている方が多少増えているのかもしれません。(※あくまでも、当サイトを作った頃と比較してになります。)

もちろん、美容についてはある程度自己満足で良いとも個人的には思いますし、自分が満足していればそれで良いとも思います。

ただ、もう少しこうしたらもっと可愛いのになぁとかバランスを考えた方が顔自体可愛いからもっと良いのになと勝手に思ってしまうことや、実際に涙袋が膨らみすぎてしまった、消したいと本人自身が自覚している場合もあるので難しいところでもあると個人的には思ってしまいます。

どうしてこのような状況が極稀とは言えあるのかとちょっと考えてみたのですが、やはり有名人(芸能人はもちろん、その他有名人も)の多くが「完璧に可愛い涙袋」があるという状況になっているからというのも一つの原因なのかなと個人的には思っています。

ナチュラルな方のほうがもちろん多いですが、有名人でもちょっと不自然レベル(やりすぎに見える的な)で涙袋がある方もおりますし、違和感があったり不自然でも結局は可愛いのである程度それはそれで慣れてくるのかもしれません。※もちろん、これは個人的な意見です。

ということで、まとまりのない文章になってしまっておりますが、タイトルの「バランスを考えた方が良い場合もある」というのはどういうことか?ということを簡単に以下に紹介だけします。

・涙袋が大きくあれば良いというわけでは必ずしもない
・ナチュラルが良いと思っている方も多い
・やりすぎは変だと思っている方も多い
・状況によっては老けて見える場合もある
・涙袋があまりないが綺麗な芸能人も多くいる
・大きい涙袋を小さめにまたは消したいと思っている方もいる

※この他にもネット上(TwitterやFacebookなど)では「やりすぎで気持ち悪い」的な厳しい意見もたまに見かけます。

上記の点を注意し、バランスを考えて涙袋を作る、または敢えて作らないという判断も重要だなと最近は思います。