涙袋を作るアプリについて

涙袋を作るアプリについて

今は便利な時代で、涙袋を作ることが出来るアプリがあります。

インスタやFacebookにてアップする人が多い時代ですので状況次第で使い勝手の良いアプリだと思います。

そのようなアプリを絶妙に使いこなせばとりあえず写真では涙袋がある状態でInstagramやFacebook、Twitterなどにアップ出来るというわけです。

もちろん、フォトショップを使いこなして高クオリティかつ絶妙に入れることも可能かもしれませんが、ある程度専門的な技術が必要ですし、やはりアプリの方が手軽なのでオススメです。

ここでは、以下に涙袋を作ることが出来るアプリを簡単に紹介します。

Bestie・・・盛れる高画質なカメラアプリ(無料)

pitu・・・美顔メイクが可能なアプリ(無料)

※随時追加予定です。

実際に使用してみて、上の2つが使いやすかったです。

涙袋について簡単に解説します。

まず、Bestieですが、補正→下のエリアに涙袋→調節

以下のような画面になっております。

Bestieの画面

続いて、pituですが、美顔メイク→写真を選ぶ→メイク→下のエリアに涙袋→調節

以下のような画面になります。

pituの画面

このように、非常に手軽な感じで涙袋を作ることが可能です。

もちろん、応急処置的な感じにはなりますが、アップする時に涙袋を少しでも作りたい方には便利だと思います。

また、他にも機能が豊富なので気になる方は使ってみると良いかと思います。

なお、このような加工アプリは色々使っていますが、それなりに皆が使っているものを使っておけばとりあえず問題ないと思います。個人的にはどれも大差なかったからです。

涙袋に関しては作る機能がある上記が使いやすかっただけですが、その他はどれでも問題なく使いやすいです。

基本的には無料ですし、何個か使用してみて、自分が使いやすいものを選べば良いと思います。

最後に、繰り返しにはなりますが、アプリは便利とは言え、あくまでも応急処置的な使い方になってしまうと思うので、涙袋を実際に作りたい、リアルでもみせていきたい、という方は、やはり美容外科クリニック(涙袋形成)に行ったり、自力で作ったり(メイクなどで)してみるのが良いでしょう。もちろんその上でアプリを使っても良いとも思います。