さ行の美容外科の専門用語

さ行 美容外科・用語

重瞼(じゅうけん)

まず読み方は「じゅうけん」と読みます。

よく見かける&使われている言い方として、重瞼術があります。重瞼術とは一重を二重まぶたにする手術のことを言います。つまり、重瞼は二重瞼(まぶた)の線(ライン)のことになります。


症例写真

症例写真とはその名の通り、症状の例の写真です。多くの美容外科のサイトに症例写真が掲載されていることがあります。美容系でよくあるのがビフォーアフターのようなものです。

ただし、以前は、あまり参考にならないようなものや、勘違いを招くといった事例もありましたし、厚生労働省でも問題視している面もあります。(指針策定の発表)

参照:http://www.mhlw.go.jp/ (厚労省HP・政策についてから検索)

ただ、症例写真は患者としては参考になる写真も多々あります。この辺りの問題をきっちり明記し、誤解や勘違いを誘発することがないように配慮されているクリニックもあります。(参考・イセアクリニック

涙袋形成との関連性:有り

涙袋形成術の症例写真を掲載しているクリニックもあります。


ジュビダーム

ジュビダームはヒアルロン酸注入剤のことです。

FDA(米国食品医薬品局)承認です。通常のヒアルロン酸より持続期間が長いと言われています。

メーカー:ALLERGEN社

涙袋との関連性:有り

涙袋形成術はヒアルロン酸注入が一般的です。そのため注入するヒアルロン酸にジュビダームを使用することは多いです。


真皮

真皮はしんぴと読み、とても簡単に言えば表皮の下(奥)の部分のことです。画像で見るとわかりやすいので、画像検索で確認してみましょう。

使われ方としては、「真皮まで届く化粧品、美容成分」などです。


痩身

痩身とは「そうしん」と読み、簡単に言うといわゆるダイエット、痩せるためのこと全般です。

方法としては、ダイエット・運動・手術・脂肪吸引・薬などがあり、それら全般のことを言います。美容外科クリニックなどのサイトでは痩身術などと言われたり、そのカテゴリにあります。


当サイト(涙袋専門ガイド)との関連用語のおさらい

このページでは、症例写真、ジュビタームが関連性があります。

症例写真については多くの方が知っているかと思いますが、問題点もあるとは言えクリニックを選ぶときの判断基準、参考の一つにもなります。勘違いを誘発しないようしっかりとした掲載の仕方をしている、または症例写真についてきちんと説明しているといったクリニックが良好です。

ジュビタームはヒアルロン酸注入剤で、涙袋形成でもよく出てくる関連用語の一つですので、覚えておくと良いでしょう。

次のページた・な行の美容外科用語