は行の美容外科の専門用語

は行 美容外科・用語

パッチテスト

アレルギーテストのことです。医薬品や化粧品の使用時や、手術前などにアレルギー反応(カブレなど含む)を起こすか起こさないかということを調べる皮膚試験です。

皮膚試験と書くと難しいものに感じますが、比較的簡単にテスト可能です。


プチ整形

メスを使用せず、注入などによって目元や鼻などを整えたり、しわなどの改善をさせる簡単な美容整形(治療の一種でもある)のことです。入院ももちろん不要でメスの使用もありませんので、「負担が少ない&手軽さ」が特徴です。

涙袋との関連性:有り

涙袋形成は目元のプチ整形の一つと言えます。


プラセンタ

プラセンタとは日本語で言えば「母体と赤ちゃんを結ぶ胎盤」のことです。美容系で使われているものは胎盤から抽出されているエキス。栄養が豊富で副作用の報告などがないことから、美容外科クリニックでの注射や、手軽なサプリメントなどでも使用されています。


ヒアルロン酸

皮膚の弾力や水分を保ったり、皮膚のハリを維持します。ムコ多糖の一種。例えば、赤ちゃんの肌がハリがあってぷにぷにしているのはヒアルロン酸が多く含まれているため。優れた保水力が特徴でもあります。体内のヒアルロン酸は年齢とともに減少していきます。

涙袋形成との関連性:有り

美容外科クリニックでは、ヒアルロン酸を注入して涙袋を作ることが多いです。


ホルモンタンク

目の下のふくらみのことで涙袋の別名。最近ではあまり聞かなくなってきましたが、昔はホルモンタンクと言う方も多い時期がありました。

涙袋形成との関連性:有り

クリニックにて、涙袋のことをホルモンタンクと言っても全然通じますし問題ありません。


当サイト(涙袋専門ガイド)との関連用語のおさらい

このページでは、プチ整形、ヒアルロン酸、ホルモンタンクが関連用語です。一般的に広く知られている言葉ですが、ピンポイントで関連しているので重要です。

ただし、最近ではホルモンタンクという言葉はあまり聞かなくなってきました。

次のページま・や・ら行の美容外科用語